20年以上前のヴィトンを査定に出してみた②〜売却しました〜

前回に引き続きヴィトンを査定に出してみた話②をしたいと思います。

前回は、ルイ・ヴィトンのアイテム2点をブランディアと大黒屋で査定していただいたお話をしました。こちら▶20年以上前のヴィトンを査定に出してみた

今回も、さらに1社に出し、売却を決めたので最後までご覧いただけると幸いです。

1.査定に出した物

・ハンドバッグ(ルイヴィトン/モノグラム/スピーディ30/型番41526)

汚れ・・・なし

金属部分・・・錆有り。チャック動かしずらい。

・ポーチ(ルイヴィトン/モノグラム/トゥルーストワレット23/型番M47524)

汚れ・・・内側に薄いカビ?有り。

金属部分・・・錆有り。チャック動かしずらい。

といった状態です。

それでは、査定結果にうつります。

2.査定結果

今回は、【なんぼや】というところに査定に出しました。

ここが今までで1番、値段の交渉をしてきて、かなり高く査定してくださったので売却することにしました。(売却済み)

一番最初の提示額は本当に安いのだということを実感しました。笑

査定金額は、最終価格でハンドバッグ¥37000、ポーチ¥13000でした。

大満足の結果でした!!ありがとうございます。

今までに査定に出した所ではこんな金額出ませんでした。

とはいっても、この金額が出るまでに何度も交渉はしたんですが…。

交渉の記録を参考程度に載せておきますのでよければ見てください。

3.2点で5万円になった経緯

ヴィトンのバッグ、ポーチ2点で査定額が計5万円になるまでには時間がかかりました。

まず、最初に提示された価格は、ハンドバッグ¥22000(25%UPキャンペーン適用)、ポーチ¥6000だったんです。

今考えるとめっちゃ安い。笑

○○%査定額UP!ってキャンペーンしてるとこ多いけどただの宣伝文句だと言うことが分かった。(小声)

安いなと思って他に査定出すつもりで「全て返品でお願いします。」と言ったら、値段が再考されました。

ハンドバッグ¥27000、ポーチ¥6400でした。

バッグ五千円もあがるんかい…。

ここで、「2つで3万円にはなりませんか」と聞いたところ、あっさりOKが出ました。

売ろうかな〜と悩みつつ、ついでに2点とも定価を聞いてみたところ…

ハンドバッグ¥116,640

ポーチ¥54,600

だということが分かり、2つで3万って安くないか…と思いはじめまして。(ごめんなさい)

とりあえず他と比較しようと思い、「他者と比較したいため、全て返品でお願いします。」と言ったところ、再度、値段を再考されました。

ハンドバッグ¥34000、ポーチ¥8000でした。

一体いくらまで上がるの…と思い始め、とりあえず「これ以上の値上げは厳しいでしょうか」と聞いてみたところ、さらに値上がりしまして…。

ハンドバッグ¥37000、ポーチ¥10000でした。

こんなに上げてくれるところは他に無いよな…と思い始め、なんぼやで売ることに決めました。

最後の最後、5万円になるか聞いてみたところ…。

「ご即決いただけるようでございましたら、2点合わせて5万円にてご案内させていただければと存じます」とのこと。

無事、2点合わせて5万円で売却することが出来ました。

長かった…。

まさか、ここまで上がるとは思いませんでした。

これでもお店には利益が出るってことですよね。

ハンドバッグについては、古いけど未使用なのでほぼ新品同様でして、かなり高価格で売れるんだろうなぁ…と思いながら売却しました。笑

最初の価格で売らなくて良かったと思う今日この頃。

皆さんも、宅配買取を利用する際にはたくさん交渉することをオススメします。

私が以前利用した大黒屋とブランディアは交渉する余地はありませんでしたが…。

なんぼや】は交渉可能なお店だということが分かりました。

何か聞きたいこと等ありましたら、気軽にご連絡ください。

また何か査定したり、売ったりした際にはブログでご報告したいと思います。

投稿者: るーじゅ(21)

はじめまして! 新卒で入社した会社をうつ病により10ヶ月で休職➡退職(現在は傷病手当金を受給中) 友達紹介特典をフル活用してお得に綺麗になれる方法等をブログに書いてます☺ 今後は、休職した実体験を元に、傷病手当や障害年金についても記事を書いていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です