新卒入社から10ヶ月、うつ病で休職しました。2021年4月時点で、休職してから約2ヶ月が経ちます。

4月といえば、入学式や入社式が行われる「ザ・スタートの季節」ですが、「もう学校行きたくない…」「会社辞めたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

私のように、たった10ヶ月で休職をしてしまう人間もいるのだということを知って、少しでも誰かの力になれれば幸いです。

入社後の研修

1年前、就職活動を必死に行い、やっとの思いで合格をいただいたのは、中小企業のCADオペレーターでした。

新入社員はビジネスマナー研修から始まり、CAD、電気に関しても一通り研修を受けました。

コロナの影響で、4月は入社から1週間ほど出社し、その後は在宅勤務で研修を受けることになりました。

5月、6月もほぼ在宅勤務で研修を受け、6月に入って少ししてから出社が始まりました。

研修は、CADの部分で苦手な内容があり、少しつまづいたこともありましたが、不明点は研修担当の上司に質問をし、きちんと理解しながら研修を終えることが出来ました。

褒めて伸ばすタイプの上司だったのか、「電話応対が1番上手い」と褒めてもらえることもあり、居心地は悪くなかったです。

同期とは、多少の愚痴はこぼせたり、分からないところもお互いに教え合える仲になれていたので、かなり良い環境だったと思います。

異動後の研修

この会社の新卒社員は、研修中頃〜研修終了までに次々と配属先が決められていく形になっていました。配属先は、おそらく研修担当が研修の度に取っていたメモ(性格や得意分野等)をもとに決めている様子でした。

ここで私は上司から、後に悪夢の始まりとなる部署への配属を命じられました。

私の配属先は、入社した会社の関連会社の”営業職”でした。

営業職と言ってもノルマはなく、仕事内容で見ればかなりホワイトな会社でした。ちなみに給料は手取り17万弱です。

ただ、この部署で私の研修担当についた女上司が起因となり、私は休職することに…。決して女上司が元凶だというのではなく、わたしにも落ち度があったと思っています。

ここからは、休職に至るまでの出来事を長々と書いていきます。愚痴も混じるかと思いますがどうか聞き流しながらご覧いただければ幸いです。

営業職に配属となり、初出社の日。同じ部署の方に一通り挨拶をし、研修が始まります。私の研修担当は、女性のマネージャーとその部下の女上司でした。

研修が始まり1週間ほどは、マネージャーと女上司が交互に授業をするような形で研修を受けました。午前はマネージャーの授業、午後は女上司の授業という感じです。

マネージャーも女上司もとても優しく教えてくれましたが、女上司は段々と豹変していきました。

研修は基本的に会議室で2人きりでした。女上司の研修の際、「分からないことがあったら質問してね」と言われたので、質問すると「え?だからさっき説明したんだけど」と言われ、説明して貰えませんでした。

しかも、説明された覚えがない。

さらに、その女上司、私の研修の時だけ異常に早口。研修開始時間になっても会議室に30分以上来ないこともあって、ふと見たら違う部署の女性と楽しそうに世間話をしてることもありました。とにかく私の研修が面倒だったのだと思います。

私が質問した内容が、もし説明済みのものだったとしても、正直のところ早口で一気に話されても覚えきれないんですよね。

その後も何か質問すると「前に説明したと思うんだけど?」と必ず言われ、答えて貰えませんでした。次第に説明されたことは一度に全て覚えなきゃいけない、質問できないことが大きなプレッシャーになりました。段々と朝起きるのが辛くなり、胃が痛くなることもありました。

とにかく全集中で話を聞き、必死にメモをとってなるべく質問しないように励みました。

ところが、質問も思うようにできない中、「分からないなら返事しないで」と怒られるようになりました。

ただ、女上司は周りに人がいると別人のように優しかったので、誰も私が困っていることに気づかなかったと思います。

研修2週間目ぐらいから、研修が終わったあとはよく会議室で泣いてました。もうこの時点で休むべきだったと今は思います。

その後も女上司による研修は、ものすごく早いスピードで進められ、正直追いつけませんでした。

「早くて聞き取れなかったのでもう一度お願いします」とお願いすると、「さっき説明したんだけど」と言われ、説明してもらえませんでした。

社員全員が閲覧可能なスケジュールには4時間ぐらい研修の時間をとっているのにもかかわらず、1時間で終わりということも多かったです。それも決まって他の社員がテレワークで不在の時に限って。

サボる時間が欲しいのがあからさまでした。

このまま質問できないのは困ると思い、マネージャーに「○○さん(女上司)少し怖いので、できれば○○さん(マネージャー)に質問したいです」と言うと、

「分からないところがあったら私に聞いてもらって大丈夫だよ!○○ちゃん(女上司)あわない?言い方強く聞こえてしまうところがあるのはなんとなく承知してます。でも、○○ちゃん(女上司)も○○さん(私)にどう教えればいいのかすごく悩んでるから、そこは理解しておいて欲しいかな。○○ちゃん(女上司)にも改善して貰えるよう、○○さん(私)のこととは分からないように努めてみます。」と言ってもらえました。

ああ、よかった。と安心したのもつかの間、翌日に鳥肌が立つ出来事がありました。

翌日、女上司による研修が終わった後、なんだか今日は以前より怒られなかったな…と感じながら部屋を出る準備をしていたら、

女上司が部屋を出ていく前に、

「私口調強いかもしれないけど怒ってるわけじゃないからね!」と言い、満面の笑みを浮かべていたのです。

唖然失笑。自分の行動が、自分をより追い詰めることになってしまうとは。世の中には、1人で思いつめるな!と言う人がいますが、相談することで状況を悪化させてしまうこともあると思い知りました。

相談する相手を間違ったのか、はたまた相談するという行為自体間違いだったのか。

その後は、ある程度想像がつくと思いますが、上辺では以前より優しく接してもらえるようになりました。もちろん、パワハラの証拠となるようなあからさまな暴言などはありませんでした。

その上、周りの社員たちには、私のことを「可愛い後輩♡」と言い回っていたようでした。

胃が痛くなる出来事はいくつもありましたが、中でも納得いかない出来事が1つありました。

一通り研修が終わった頃、女上司の指示で資料作成を任されることになりました。女上司が作成した見本を元にPowerPointで資料を作成する仕事でした。最初の数ページは女上司が作成したものを使用すれば、他は自由に作ってもらって良いとのことでした。

見本があったため女上司に質問する必要もなく、無事に資料は作成。そして、マネージャーと女上司と私の3人で、最終確認をすることになりました。

ところが、マネージャーが私の作成した資料に対し、「不親切な資料なので、いくつか修正しましょう」と。

嫌な予感は的中。

マネージャーに指摘された部分は、全て女上司が作成した数ページ内のものでした。

私は既にメンタル崩壊寸前だったこともあり、女上司が作ったページとは伝えずに、「すぐに修正します」と答えました。

張本人の女上司は黙ってました。そりゃそうだよね。

次に、スクリーンショットの撮り方について指摘がありました。

先程まで黙っていた女上司が

「これは〇〇キーで解決しますよ。○○さん(私の名前)には説明したんですけどねー!色々説明したから飛んじゃったのかな?」って笑ってました。

もちろん説明された覚えがない。

私は、話を聞かない新人扱いでした。

その後も、女上司とはペアで仕事をしなければならなかったため、私は次第に気分が落ち込んでいきました。本格的な鬱の始まりでした。

<広告>



休職へ

ほぼ毎日、朝起きるのが辛く、吐き気はあったものの毎日必死に出社していました。ところが、入社から半年ほど経ったある朝、なぜか身体が起こせなくなりました。

一般的にうつのサインと言われる、

・興味があったもの、好きなことに関心を示せなくなる

・疲れが取れない

・不安が続く

・性欲、食欲がない

・簡単な計算が出来なくなる

など、これらのサインは全て当てはまっており、症状はかなり重くなっていました。

特に、”簡単な計算が出来なくなる”

この症状が出た時、自分で自分が怖かったです。

食欲もだいぶ減っていて、実家に帰った時に「大丈夫?食べてる?」と言われることもありました。入社時に50kgほどあった体重が、42kgぐらいまで減っていました。

身体が起こせなくなった日、有給をとり、メンタルクリニックへ行くことにしました。

担当になった先生は、若い女性の方でとても話しやすかったです。入社してから現在までの仕事の内容や女上司のこと、辛いことを全て打ち明けました。当時は気が抜けると自然と涙がボロボロ出てきていたので、かなりひどい顔をしていたと思います。

診断は、「かなり重い鬱状態」とのことで、診断書を書いてもらい、休職することになりました。

診断書は、写真を添付し、休職したい旨を上司にメール送付しました。

本来は電話するべきなんだろうけど、この時は電話をする気力もなく、メールを送付するだけで精一杯でした。

上司からは、

「まずは、お医者様の言う通り、ゆっくりお休み頂ければと思います。体調不良がいつ頃なのか、考えられる原因などについてお医者様と話はされたのかなど
お話させて頂ければと思いますので
体調を優先し、無理をしない範囲で
電話で会話させて頂ければと思います。
電話は土日でも構いませんので宜しくお願い致します。」

と返信が来ました。でも、その時の私には、電話をするハードルがかなり高かったので、連絡は全てメールでお願いすることにしました。

私の場合は、診断書と休職願いの提出先が配属先の上司(うつ病になった原因の上司)では無かったので、やりとりが大きな負担に感じることはありませんでした。

でも、電話をすれば仕事をしていた頃の辛かった出来事が蘇ってきそうで怖かった。また、療養中に気軽に電話をかけられるのも嫌でした。

これから休職を考えている方や、現在休職している方へ

連絡は無理せずメールで

無理に電話に出る必要はありません。

私がうつ病になった要因

①1人で抱え込んでしまった

これが一番の要因ではないかと思っています。

私は、昔から必要以上に考えすぎてしまうところがあり、悩んでも誰かに相談することが苦手でした。

特に、新卒入社を機に一人暮らしを始めたということもあり、親にも心配をかけたくなくて相談できず。

家賃や生活費などの金銭面での不安もあり、なかなか仕事を休める状態にもありませんでした。

今思えば、ひどくなる前に会社に相談して部署異動をしてもらうか、早めに休職するか、転職するかなど何かしら行動していればよかったと後悔しています。

②行動を起こすべきだった

実は、異動後の研修で毎日泣いていた頃、何度か上司に相談をしていました。

その上司は、配属先の上司ではなく、入社した会社の方の上司で、いわゆる管理職の方でした。毎月その管理職の方と面談があったため、その時に相談をしていました。

当時は、「話せばスッキリすることもあるから気軽に話してね」と言われて、あまり重く受け止められていませんでした。

今考えたら、泣きながら訴えていたのに、私の訴えは全く届いていなかったんだなと。

ただ、「希望があればいつになるか分からないけど異動することもできるよ」とは言われていたので、その時に強く意見していれば良かったなと後悔しています。

現在

2021年4月現在、傷病手当金を貰いながら生活しています。

傷病手当金申請方法や振込までの日数、精神医療費が安くなる自立支援医療についてなど、これからブログにまとめていく予定です。

最後に、休職することは悪いことではありません。人生の夏休みだと思って、焦らず生きていきましょう。


人気ブログランキング

<広告>

投稿者: るーじゅ(21)

はじめまして! 新卒で入社した会社をうつ病により10ヶ月で休職➡退職(現在は傷病手当金を受給中) 友達紹介特典をフル活用してお得に綺麗になれる方法等をブログに書いてます☺ 今後は、休職した実体験を元に、傷病手当や障害年金についても記事を書いていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です