るーじゅ
るーじゅ

こんにちは。るーじゅです。



会社をやめたくてもやめられない人が近年多いようです。

原因は、

会社の上司が引き留めてくる!

会社側が辞めるのを認めてもらえない…。



など。辞めたくても辞められない…こんな辛いことはありませんね。

そこで今回は、会社を辞めさせてくれないときの主な対処法をご紹介したいと思います。





2週間前の申告で退職は可能

会社を辞めていいか心配な人のために一応確認しておきましょう。

会社を辞める場合は、2週間前に退職することを会社に申告すれば、退職は可能です。

ただし、会社の規則によっていつまでに伝えればいいかが異なるので、まずは会社の就業規則を確認してみましょう。

会社が辞めさせてくれないとき【対処法】

・退職届を受取ってもらえない

よく見られるケースがこれです。

まず、退職届を提出しなくても口頭で退職の意思を伝え2週間がたてば退職することは可能です。

口頭だと、言った言わないでもめる可能性があるので、退職届を内容証明郵便として会社に送って証拠を残しておきましょう。

るーじゅ
るーじゅ

退職日は到着した2週間後にしておくとベストです。


・退職日までの期間が長い

原則として、退職の2週間前に意思表示をすれば退職は可能ですので、会社が指定した退職日があまりにも長くても、それより早くやめることができます。


ただし、引継ぎ等で1か月前に意思表示しなければいけない場合は、可能であれば引継ぎをした後にやめてもいいですし、その期間が異常に長い場合などは労働基準監督署などに相談してみるのもいいかもしれません。


・解雇にすると脅される

次辞めると言ったら即解雇だ」と脅しを行い恐怖感を労働者に植え付け、会社に留まらせるような卑劣なやり方をする会社も存在しているようですね。

そもそも、辞めるといったからと言って労働者をクビにしたり、辞めさせることは本来できません。

会社側は留まらせるための手段として使っているだけですので、聞き流すか無視してしまってかまいません。


・損害賠償請求をすると脅される

会社をやめるからといって損害賠償を請求することはそもそもできませんので、これも聞き流すか無視しましょう。
会社に明らかな損害を与えることがない限り、損害賠償請求はできません。


・有給休暇を取得させてもらえない

人手不足などにより仕事が回らず、有給取得が困難な会社も多いようです。

本来すべての労働者は有給取得することが可能です。


まずは、有給取得できない理由を明らかにしてから、どうしても取得させてもらえない場合は、会社内の総務部や人事部にまず相談してみましょう。

るーじゅ
るーじゅ

有給取得できる日数を確認したうえで申告すれば何らかの対応をしてくれることもあるでしょう。


・離職票を出してくれない

退職して2週間たっても離職票を届けないような、どうやらわざと離職票の発行を遅らせるような会社もあるようです。

あり得ない話ではあるのですが、2週間たっても来ない場合はすぐにハローワークへ相談に行き、何らかの対応をしてもらいましょう。

るーじゅ
るーじゅ

会社側の発行遅れなどの可能性もありますので、一度会社側に確認してから相談にいきましょう。



会社が辞めさせてくれないときの相談先

・労働基準監督署に相談する

会社がどうしても退職をみとめてくれない、これ以上会社ともめたくないと考えている人は最終手段として労働基準監督署に相談してみましょう。

るーじゅ
るーじゅ

基本的に相談料などもなく、電話対応でやっているところもあります。

会社をやめさせてくれない、それによって強制労働させられているなども相談の対象となっていますので、安心して相談することができます。

・退職代行サービスを使う

近年では退職代行サービスというものがあります。

どうしても会社をやめさせてもらえなかったり、退職希望を言いづらいときに、代わりに代行人が退職意思を会社に伝えてくれます。

1回の代行で数万円ほどかかりますが、どうしてもやめたいときにはある程度効果を発揮してくれるでしょう。

るーじゅ
るーじゅ

いくつか退職代行サービスをご紹介しましょう。


・退職代行NEXT

退職代行NEXT」は、24時間即時対応で弁護士事務所が運営している即時対応で信頼できるサービスです。

給料未払いなどの退職代行以外の対応も行っています。

退職に成功すると成功報酬を退職金の20%払わなければならないのもあるのが、少し躊躇してしまうところでもあります。


・退職代行ガーディアン

労働組合が運営しており、正規社員から非正規、派遣、アルバイトまで様々な雇用形態に対応できる退職代行サービスです。

事前相談は無料で29,800円で退職代行を受けてくれるので比較的安く済むのがメリットでしょう。

電話やLINEでも相談が可能なので、緊急時でもすぐに対応できるようです。

まとめ

会社を辞めさせてくれない、辞めることへの脅しなど、これらはもちろん労働基準法違反となります。

それにも関わらず、このような行為を平気で行っている企業が後を絶ちません。

るーじゅ
るーじゅ

まず、会社をやめられない状況はおかしな状況だということを認識しましょう。

そして、このような会社の言いなりにならないように、対処法をしっかり学んで毅然とした態度で望み、無事脱出できるようにしましょう!



るーじゅ(21)

はじめまして!
新卒で入社した会社をうつ病により10ヶ月で休職➡退職(現在は傷病手当金を受給中)

友達紹介特典をフル活用してお得に綺麗になれる方法等をブログに書いてます☺

今後は、休職した実体験を元に、傷病手当や障害年金についても記事を書いていく予定。

Follow @PCh2O0NlBv4lS6I

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です